事業再生ための従来型ホームページの問題点

1.従来型ホームページ(業者作成のホームページ)
企業がホームページを作成する場合、通常はホームページ制作会社に依頼します。プロの制作業者に頼めば「お洒落な」ホームページを作ってくれますが、その代わり初期費用としてかなりのコストを覚悟しなければいけません。
また新しいコンテンツを追加したり既存のページを修正する度に、3〜5万円の更新費用が必要になります。ちょっと熱心にホームページの更新を行うと、初期費用で200万円、更新費用が毎年100万円といったケースも決して珍しくありません。そのため、業者にホームページを作ってもらった企業では、更新費用を惜しんでコンテンツの更新をほとんど行わないケースが少なくありません。業者にホームページ制作を頼んだ場合、この「コストを惜しんで更新を行わない」と言う点が、ホームページが失敗する最大の要因です
2.従来型ホームページ(自作のホームページ)
一方、ホームページにあまりお金をかけられないという人は、ホームページビルダーのような「ホームページ作成ソフト」を使って、自分でホームページを作るのです。自分で作るわけですから、初期費用はほとんどかかりませんし、コンテンツ更新に伴う費用も発生しません。そして更新にお金がかかりませんから、いつでも自由にコンテンツの更新が行えます。
しかしその代わり、自作するための「ホームページ作成スキル」の習得が必要になります。「ホームページ作成ソフト」の使い方を覚えたり、最低限の「HTML」の知識を身につけなければいけません。また、コンテンツの更新は、意外と手間がかかります。コンテンツの体裁を整えたり、メニューを修正したりする作業にかなりの時間をとられてしまうのです。それになんと言っても、ホームページの「デザイン」が問題となります。あまりに「素人っぽいデザイン」のホームページでは、お客さんの信頼を得るのは難しいかもしれません。
3.従来型ホームページの問題点
@業者に頼んだホームページでは、下記が問題となります。
初期のホームページ制作に多額の費用が必要
・またコンテンツの更新にも多額の費用がかかる
・そのため費用を惜しんでコンテンツ更新を行わず、結果的にホームページが役に立たなくなるケースが多い
A一方、自作ホームページの場合は、こうした問題があります。
・最初にホームページを作るときの手間が大変。またホームページ作成スキルを身につけなければいけない。
・素人っぽいデザインになりがちで、企業としての信頼感に乏しい。特に法人向けビジネスの場合、素人っぽいデザインではお客さんの信頼を獲得するのが難しい。
・更新の手間が大変。。そのため面倒くさくてコンテンツの更新をほとんど行わないケースも多い。
つまり「従来型ホームページ」の場合は、多額のお金を支払って業者に立派なホームページを作ってもらうか、自分の時間を犠牲にして相当の手間をかけながら素人っぽい自作のホームページで我慢するか、という選択だったと言う訳なのです。

事業再生のためのブログの限界

「ブログ型ホームページ」は良いことばかりではなく、ブログ型ホームページが利用している「ブログ」というツールの限界があります。ブログは、「(テンプレート(ひな形)」をもとに、全体のデザインを作り出します。そのためどうしてもデザイン上の制限がでてきます

プロにホームページを作ってもらった場合は、思うとおりに好きなデザインを実現することができますが、ブログでは「テンプレート」の範囲内でしかデザインが実現できません。また記事の並びが、日付順に並びます。そのため、一部のコンテンツだけを順番を変えたい、という場合には、日付を操作する等の個別テクニックを使う必要があります。このように「デザインの自由度」が、業者作成のホームページに比べれば低いところが、「ブログ型ホームページ」の最大の欠点と言えます。(とはいえ自作ホームページに比べれば、はるかにお洒落なデザインが実現可能ですが。)
こうした観点から、「凝ったデザインのホームページを作りたい」場合はプロの業者に「従来型ホームページ」を依頼し、一方それほどデザインにこだわりがない場合は「ブログ型ホームページ」を作成する、という選択をお勧めします。

事業再生のためにブログ型ホームページで早く小さく始める

「ブログ型ホームページ」は、
従来型ホームページの問題点を解決した、
・低コストで、検索サイト対策(SEO)が効きやすい
・自分で更新できるホームページ
と言えるでしょう。
繰り返しになりますが、ブログを「社長日記」だけに使う必要はありません。その特徴を活かして、ブログで「企業ホームページ」を構築しましょう。ブログで作ったホームページ、すなわち「ブログ型ホームページ」を立ち上げるのです。
そして、「ブログ型ホームページ」なら「早く・小さく始めて、大きく育てる」アプローチが可能となります。従来型のホームページで業者に制作を依頼すると、かなりの初期コストが必要ですから、どうしても「大きく始める」ことになってしまいます。また更新に費用がかかるため、なかなかホームページを「育てる」ことまで予算が回らないケースが少なくありません。
一方、自作で従来型のホームページを作れば、「小さく始める」ことができますが、その後ホームページを「大きく育てる」ことができるかどうかは別問題。多くの場合、更新の手間が大変なことと、ホームページのデザインがいつまでたっても「素人っぽい」ため、なかなか「大きく育てる」ことは困難なのです。
しかしブログ型ホームページなら、こうした状態を改善できます。少ない初期コストでホームページを立ち上げて、その後少しずつコンテンツの追加修正を重ねていけば、やがてそのホームページは大きく成長していきます。
その代わり、一日にでも早くスタートしましょう。最初から100点満点を取ろうとすると、いつまで経ってもスタートできません。最初は5点でもいいから「早く」スタートするのです。ブログは更新が簡単なツールですから、5点でまずはスタートして、その後徐々にコンテンツを充実させていきましょう。最初から100点を目指して動けないよりは、「5点でもいいから、まずは始めてみる」ことが、ホームページ成功の大きな秘訣です。