事業再生のためのホームページの構築事例

「ブログ型の企業ホームページ」の事例として、下記の3ケースをご紹介していきましょう。
 1)初めてのホームページを作る場合
 2)既存のホームページをリニューアルする場合
 3)複数のホームページを作る場合
1)ケース1 : 初めてのホームページを作る場合
まだ御社がホームページをお持ちでないなら、ブログでホームページ(企業ホームページ)を作りましょう。ブログを利用すると、更新が簡単でお洒落なデザインの企業ホームページを、低コストで作成することができます。もしあなたが、自作ホームページの立ち上げを計画されているのでしたら、迷わず「ブログ型の企業ホームページ」を立ち上げることをお勧めします。

2)ケース2 : 既存のホームページをリニューアルする場合
◆従来型の自作ホームページのデザインが気に入らなくてリニューアル
ホームページ作成ソフトを使って、「従来型の自作ホームページ」を一生懸命立ち上げたものの、デザインが「素人っぽい」ため自分のホームページが気に入らない、というケースは少なくありません。
こういう場合は、思い切って「ブログ」でリニューアルしてみましょう。個人ホームページならともかく、企業ホームページの場合、アクセスした人に「信頼」してもらえるかどうかが大きなポイントになります。
◆更新が大変なのでリニューアル
また自分でコンテンツの更新を行っている場合、更新の作業が大変だと感じている方も少なくないでしょう。一つ一つの作業はそれほど難しいものではないものの、体裁を整えたり、メニューのリンクを確認したりと、それなりに手間がかかるのは事実です。
しかし、ブログを使えばこうした煩わしさから解放されます。決められたフォーマットに文字を入力し、写真を貼り付けるだけですから、手間がほとんどかからなくなります。
◆業者を通さず更新するためにリニューアル
自分で更新しないで業者に更新を依頼している場合、コンテンツ更新の費用を削減するために、ブログ型ホームページにリニューアルすることもよく行われます。ブログでリニューアルすれば、自分自身でコンテンツの更新が行えますから、業者に更新費用を払う必要がありません。

3)ケース3 : 複数のホームページを作る場合
続いては、複数のホームページをブログを使って立ち上げた事例としては、「店舗別ホームページの事例」、「本社ホームページとは別の、支店独自ホームページの事例」、「商品毎に独自のホームページを立ち上げた事例」、「目的別に専用ホームページを立ち上げた事例」があります。

事業再生支援の当事務所のブログ活用例

当事務所ブログをどんな風に「企業ホームページ」として活用しているかをサンプルブログを例にお話ししましょう。下記のホームページは、起業家の皆様を対象に、ホームページ上で情報発信し、定期的に行われるセミナーの告知などを行っているイメージで作りました。 

burogu.bmp

◆企業らしいホームページをめざして
私はこのブログを作る際に、「企業らしいホームページ」とすることを心がけました。
サンプルとはいえ、「個人の趣味ホームページ」ではなく、弊社の「公式ホームページ」です。当然、企業らしいホームページに作る必要があります。また、企業家に役立つ「情報提供」も心がけてました。アクセスした人が起業に本当に必要な情報を掴めるような、ちょっとした「お役立ち情報」を記事として掲載しているのです。さて具体的に「企業らしいホームページ」とするために気をつけたポイントは、「ロゴ」と「メニュー」です。まずは「企業らしいロゴ」をブログの上部に配置します。
さらにロゴの下に、「ヘッダーメニュー」を用意しました。これによりブログ内の各コンテンツに、直接誘導することができます。そして左側には「サイドメニュー」を用意しました。先ほどのヘッダーメニューと同じく、主要なコンテンツに誘導するために、こうしたメニューは重要です。
このホームページは「ブログ型ホームページ」として、ブログを利用して作成したホームページです。しかし通常のホームページ(従来型ホームページ)との違いが分からないくらいの「企業らしいホームページ」に仕上がっていることが、ご理解頂けると思います。