事業再生(企業再生)のためのホームページとは?

1、ホームページとは何か
 ホームページを「インターネット上の仮想支店」と定義します。御社が地方に支店を出すようなつもりで、インターネットというマーケットに、ホームページという「インターネット支店」を出すつもりで考えて下さい。

2.タイプ別ホームページの難易度
さて、「インターネット上の仮想支店」としてホームページをとらえた場合、それぞれのホームページ構築の難しさはどうでしょうか。
・ショールーム的なホームページ : 比較的簡単
・営業拠点的なホームページ : すこし高度なノウハウ必要
・販売店舗的なホームページ : 非常に高度なノウハウ必要
「ショールーム的なホームページ」を作るのは比較的簡単なので、多くの企業のホームページはこのタイプです。もし御社がまだホームページを持っていないのなら、まずはこのタイプから始めることをお勧めします。一方、「販売店舗」(ネットショップ)としてホームページを運営するには、非常に高度なノウハウを必要とします。インターネット上にネットショップは相当数ありますが、ほとんどのホームページは儲かっていません。
ネットショップというのは、インターネットを利用した「通信販売」です。従って「通信販売」のノウハウがないと、全く商品が売れません。売れているショップというのは、ホームページを立ち上げたから売れているのではなく、ネットを使った通信販売の「ノウハウ」があるから売れているのです。

これ以降、「ショールーム」あるいは「営業拠点」としてのホームページ作りを念頭に置いて、お話しを進めていきます。

3.インターネット利用者の特徴
地方に支店を出す時には、その地域の特性やお客さんの傾向を色々と調査すると思いますが、インターネット支店であるホームページも同じです。御社のホームページにアクセスして来るお客さんの特徴を、きちんと理解しておきましょう。
@情報収集が主目的
インターネット利用者は、インターネットを「情報収集」のために利用します。
後ほど詳しくお話ししますが、ネット利用者の最大の目的は「情報収集」ですので、この点をぜひ念頭に置いておきましょう。
Aインターネット利用者とは?
あなたのインターネット支店(ホームページ)を訪れるのは、「非常にせっかちで」「画像よりも、文字で書かれた情報が大好きな」お客さんだと言うことになります。従ってあなたがホームページを作成する際には、画像や音声を多用した「見栄えが良いけど、中身がないホームページを作るのではなく、「文字で充分な説明がされていて、情報がたくさんある」ホームページを作ることを心がけて下さい。そしてこのことは「文書が書ける人なら誰でもホームページを作れる」と言うことを意味します。綺麗でお洒落なホームページを作ろうと思うと、どうしても画像をたくさん使ったホームページとなってしまい、プロにお願いする必要があります。でも、文字中心のホームページなら、誰にでも作れます。言い方を変えると、あなたがホームページを作る時には、「プロが作った、画像てんこ盛りの綺麗なホームページ」よりも、「素人くさくても、文字中心で情報が豊富なホームページ」の方が喜ばれると言うことです。
Bホームページは荒野の一軒家
さてもう一点、ホームページ作成において忘れてはならないポイントがあります。それは、「ホームページは荒野の一軒家」だと言う点です。インターネットでは、あなたのホームページの前を通るお客さんは一人もいません。あなたがインターネットにホームページを出したとしても、あなたのホームページができたということを知っている人は誰もいないのです。