1.経営革新とは何か

中小企業者が経営革新のテーマを考えるときには、次の4つの点について事前によく検討する必要があります。

(1)新規性…どれくらいの新たな取組みであるか
(2)実現可能性---自杜の力で出来るのか、あるいは第3者が必要か
(3)競争優位性…競合他社との比較で強みはあるのか
(4)収益性---実現すると会杜の業績の収益(キャッシュフロー)を確保できるか

 (1)新規性
 「新たな取組み」とは、個々の中小企業者にとって「新たなもの」であれぱ、既に他杜において採用されている技術やノウハウを活用したり、設備の高機能化や共同化によって新たな生産方式を導入し、生産やサービス供給効率を向上するための取組み、また事業活動全体の活性化に大きく貢献する生産や在庫管理の他、労務や財務管理などの経営管理向上のための取組でもかまいません。
(2)実現可能性
  まず、経営革新のテーマが自杜の経営資源(人、もの、金)で達成可能なのか、また社内の人材で推進可能なのか、あるいは社外の協力機関はあるのかについても検討することが必要です。また、資金調達先(銀行?)との交渉は早めにしましょう。
(3)競争優位性
  他社と比較して品質、価格や納期および安全性の面など、他社と比較して優れているならばこのテーマは競争優位性があると言えます。
(4)収益性
  経営革新のテーマを考えるとき、最終的にはそのテーマの達成を通じて全社の収益(キャッシュフロー)がどれくらい増加するかを検討しましょう。

 

中小企業の経営革新の進め方や国の経営革新認定を受けたい中小企業者で、ご不明点やご相談などございましたら、お電話によりお気軽にお問合せください。

▼▼お電話でのお問い合わせはこちら▼▼
TEL : 025-276-7732
受付時間 : 9:00〜17:00(土日祝祭日は除く)
担当 : 武田(たけだ)


また、メールでの問合せはこちらまで、ご連絡ください